U-mic News

代表者である吉田 英憲と、そのほかさまざまな得意分野をもつ経営コンサルタント(広島県在住)が、専門知識と経験から得た「役に立つ」情報をまとめたフリー情報紙(企業支援者向け)です。

最新号(2017年10月)

 

「強み」という言葉の意味をもう一度考えてみる

 

 先日、経営指導員の方を対象にした研修会で講師を担当しました。

「事業承継」というテーマの中で、「強み」についての私なりの考え方をお伝えしました。今回はその内容の一部をお伝えします。普段、何気なく使っている「強み」の捉え方が少し変わるかも知れません。

 

 自社を分析する時や経営戦略を考える時に登場する「強み」。

 

 融資の申込みや補助金の申請で、その会社の「いいこと」「プラスのこと」全てを「強み」として記述していらっしゃる方も多いとかと思います。中には、「商品」「営業力」など項目を分けて記述している場合もあります。その一方で、多くの強みを挙げても、担当支援先の業績は改善しない・・・そのギャップ(差)はどこにあるのでしょうか?

 

 私自身、同じような経験に直面し、また相談を受けるようになり、私なりに「強み」について今一度考え直す機会がありました。

 

 それは「強み」を、

 

 (1) 他社でなく自社がお客様に「選ばれる理由」に関するもの

 

 (2)売上・利益などに影響する「得意なこと」

 

 (3)その他の「いいところ」「プラスのこと」

 

と3つに現時点では分けて考えています。

 

 (1)他社でなく自社がお客様に「選ばれる理由」に関するもの

 企業が継続・成長にするにあたって、一番重要な要素です。当然ながら売上を確保するには、お客様から選ばれ続けなければなりません。なぜ、他社ではなく、自社をお客様が選んでいるのか、その理由を考えていくのです。その例として挙げられるのが、「商品力」「接客力」です。その他、「店舗の雰囲気」なども選ばれる理由に関係します。決して、販売する商品・サービスだけでお客様が選んでいるとは限りません。

 視点を変えて、「固定客が多い」ということを「強み」に挙げることもあります。それは多くのお客様にとって「選ばれる理由」があるからです。それをもう一歩、踏み込んで考えると「選ばれる理由」に関するものが出て来るはずです。

 

(2)売上・利益などに影響する「得意なこと」

 この項目に該当するものには、例えば、営業力などが挙げられます。選ばれる理由があったとしても、それをPRしていかなければ、売上につながりません。このような力を持っているかどうかで売上・利益に差が出てきます。その他は、数値管理などの管理力やロスが出ない仕組みがあるなどです。

 その他、他社よりも安く仕入れることができる力(仕入力)は、それが結果的にお客様への売価などに反映して、「選ばれる理由」になっていれば、(1)にも関係します。その場合は(1)に入れておくことをオススメしています。

 

(3)その他の「いいところ」「プラスのこと」

 これは(1)、(2)以外のことです。例えば、「後継者がいる」ことを強みに挙げた場合を考えたとしましょう。後継者が、(1)の選ばれる理由、(2)の売上・利益に影響する「得意なこと」に貢献していれば、そのどちらかに入る場合があります。例えば、(1)商品開発力がある後継者、または (2)業務改善が得意な後継者というケースです。しかし、まだ(1)(2)の状態でない後継者であれば、(3)になってしまう場合もあります。その他、「借入が少ない」「社員の平均年齢が低い」なども(3)に入るかも知れません。

 

 

 以上、何気なく使っている「強み」について、私なりの考え方をお伝えしました。申請書類が求めている考え方とは、違う面もあるも知れません。しかし、企業の支援をおこなう際には、上記の視点で分けて考えることにその意味があります。

それは、

 

・選ばれる理由に関係するものだけを考える瞬間

 

・会社の売上・利益などに影響する得意、不得意なことを考える瞬間

 

など分けて考えることで思考や議論が研ぎ澄まされていきます。自社分析・経営戦略策定でお手伝いするときに、強みで混乱した場合、是非、上記の視点で分けて考えてみてください。企業の見方が少し変わるかも知れません。

 

ダウンロード
2017年10月号
U-mic News_2017年10月号.pdf
PDFファイル 1.0 MB

バックナンバーは以下からよりお読みください。