U-mic News

代表者である吉田 英憲と、そのほかさまざまな得意分野をもつ中小企業診断士・経営コンサルタント(広島県在住)が、専門知識と経験から得た「役に立つ」情報をまとめたフリー情報紙(企業支援者向け)です。

広島の中小企業診断士による中小企業支援機関向けの情報誌

最新号(2018年6月)

 

「考える」ために、付箋を使っていますか?

 

 デスクの引き出しなどに置いてある付箋。多くの方は、書類や本など目印として、またメモとして使っていらっしゃることが多いと思います。その他、周りの方への伝言メモなどに使ったりすることもあるでしょう。前者は、実務で使う付箋。後者は、コミュニケーションで使う付箋。今回は、更に「考える」ために使う付箋の活用をご紹介します。

 

 企業内でコンサルティングやファシリテーションなどをおこなっていると、議論が空中戦にならないように、関係者の目線を合わせるために議論での発言内容などを活字にして「見える化」していきます。そこで活用するのが付箋。例えば、参加者全員の意見を書き出してもらい、ホワイトボードに貼って、議論を整理したり、問題解決や対策案検討など付箋を貼り替えるなどして、筋道を立てて考えることに使っています。皆さんも研修などでそのような使い方をしたことがあるかも知れません。

 

 私もこのようにコンサルティングやファシリテーションで繰り返し付箋を使っていると、1人で考える時でも付箋が使えそうだと、ふと思うことあり、付箋を使って1人で考えることをおこなっています。例えば、支援先の企業での問題を1人で付箋に書き出して並べてみたり、行うべき計画を優先順位づけに並べたりなどです。また別の場面では、セミナーやコンサルティング、報告書にてお伝えする内容の骨子を付箋で検討する等いろいろな場面で使うことが出来ます。考える時はパソコンに向かうよりも、紙とペンで考えることに集中した方がよい場合もあります。

 

 このように付箋は実務やコミュニケーション以外に、考える(思考する)時も使えます。これら、実務スキル・コミュニケーションスキル・思考スキルの3つのスキルは、カッツモデルで提唱される、ビジネスに求められるスキルに分類されています。付箋を実務・コミュニケーションだけに使うのではなく、思考スキルもアップできると思いますので、是非使ってみてください。

ダウンロード
2018年6月号
U-mic News_2018年6月号.pdf
PDFファイル 549.9 KB

バックナンバーは以下からよりお読みください。