戦略マップ・中期経営計画

 経営幹部や管理職にに「経営者意識を持って欲しい」とのご相談をよく頂きます。経営幹部が経営者意識をもつためのポイントを、一言で言えば「経営者はより多くの視点を持っている」ということが挙げられます。そして、その視点をうまく使い分けながら、バランスを保ちながら(時には意図的に崩しながら)経営をしているということです。

 

 戦略マップはこのような「経営者意識を持つための第一歩となる」道具です。ビジョンを実現するために、(1)財務(売上と利益)、(2)お客様、(3)業務、(4)学組織と人材の4つの視点から、経営していくにあたっておこなうべき事を考えていきます。

 

 そもそも戦略マップは、バランススコアカードというアメリカで生まれた経営手法の一部です。当事務所では、これまでのコンサルティング経験から中小企業にフィットした方により改善を施しています。戦略マップをおこなうことことで以下のようなことが可能となります。

 

戦略マップで考えるメリット

  1. 会社全体のことを広く見ることができ、経営者意識を持ちやすくなる
  2. 目の前の短期的な視点ではなく、長期的な視点を持つことができ、ものごとの、やるべき事の優先順位がつけられやすくなる
  3. やるべき事のつながりを見えやすくなり、4つの視点で物事を考えられるようになる
  4. 中期経営計画策定の足がかりとして、全体像がより策定しやすくなる

お客様の声

・社長より

 部門長が現状分析・将来構想を発表したのを聞いて、ここまで部門長が考えているとは思いもよりませんでした。

・後継者である副社長より

 今回の支援により部門長のレベルもアップしたと認識しております。支援後、社長の部門長を見る目が変わり、社長と部門長との距離が狭まったようで、社長の部下に対する権限委譲もよりスムーズに進み、支援の効果を実感しています。

実施プログラム 標準6回(半日×6回)

  1. オリエンテーション・戦略マップの理解と事例による習得
  2. 現状の自社(自部門)の戦略マップのよる現状分析
  3. 自社(自部門)ビジョン検討と戦略マップ作成(1)
  4. 経営者に対する中間報告(現状分析とビジョン)と見直し
  5. 戦略マップ作成(2)と目標値設定
  6. 経営者への最終報告

 

 ※対象者のレベル、戦略マップ以外の研修(経営戦略の考え方・業務フロー分析・財務)も織り交ぜます。また対象者の個別トレーニングも適宜実施します。

 ※課題などの確認でメール・電話も含みます。

費用

  900,000円~(税抜)

      ※旅費・宿泊費は別途、発生致します。