ヒトサクサボが選ばれる理由

【1】幹部社員育成の豊富な実績

 

  • 製造業、小売業、卸売業、建設業に幅広い実績!
  • 経営者・次世代幹部との面談人数300人以上!
  • お悩みの種類も豊富に対応!

 

 中小企業の社長・経営者と面談すると、その多くの方が経営幹部を始めとした社員が育っていないことを悩んでいらっしゃいます。社長自身、いろいろと対策を打ち、幹部社員の意識改革のため、外部の研修にも参加させたようですが、なかなか改善しないとのお悩みをよくお伺いします。そのため社長自身の時間を有効に使えず、社長としての仕事が十分出来ていらっしゃらないようです。 

 当事務所ではこれまで製造業、小売業、卸売業、建設業を始めとして幅広く、幹部社員の育成のご支援をしてまいりました。現状把握である、幹部社員のヒアリングでは300人を越えております。社長と幹部の間にある、よくある認識のズレから生まれる問題、社長のみならず、幹部社員のお互いのお悩みの状況も数多く目の当たりにし、それぞれの状況にあった支援とコンサルティングメニューをオーダーメイドで提供しております。

 

【2】会社の課題に応じたオリジナルの育成プラン

 

  • プロジェクト型・マンツーマン型、ティーチング型・コーチング型、状況に応じた対応!
  • 教科書ではない、実際の経営課題に対して取り組む!
  • メンバーのレベルおよび知識に合わせた個別資料・解説!

 

経営者と幹部社員のヒアリングを通して、浮かび上がった課題に対する支援・コンサルティングプランをご提示します。特徴としては次の3つが挙げられます。

 

 (1)プロジェクト型、マンツーマン型

 (2)ティーチング型とコーチング型

 (3)実際の経営課題に対する取り組み

 

 

 支援における考え方として、幹部社員一人一人が自らの役割を認識し、自ら考え動いていけるような姿となるような支援しています。社長のご意向やテーマに応じて、複数の幹部社員で課題に取り組むプロジェクト型と、各幹部職員が一人で取り組むマンツーマン型の2つのパターンにて支援します。

 

 例えば、プロジェクト型の場合、幹部社員に関係するテーマにて、調査・ディスカッションをおこなうことで、他の部署の状況・事情を知り、お互いの視野を広げることを主眼に置いています。また、コンサルタントから経営に関する知識等を伝える社内研修も合わせて実施することで、学んだことが共通理解・共通言語となります。数名を派遣させる外部研修と異なり、多くの社員が知るきっかけとなるので、社内への定着・活用も早いです。

 

 一方で、マンツーマン型は、社長からの与えられた特定の課題に対して、幹部社員が自ら取り組みます。コンサルタントは幹部職員のレベルおよび知識に合わせた個別資料・解説を加えることで、現状よりも視点を一段上げていきます。

 

 プロジェクト型・マンツーマン型ともにコンサルタントが進行することで、検討内容のブラッシュアップ・軌道修正を適宜図っていきます。進行にあたっては、いろいろな知識・スキルを教えるティーチング型(Teaching型)のスタイルのみならず、当事務所では、幹部社員に気付かせるコーチング型(Coaching)のスタイルを多用しており、自らが考えることを促していきます。そのため、社長は参加しないことが多く、様々な意見を言えることを目的としております。

 

 

【3】会社ごとの課題に応じたオリジナルの育成プラン

 

  • やらされ感では人は育たない。
  • 我慢強く指導することからの開放、自分の苦しみの共有(番頭代行)
  • 伴走型コンサルティング

 

 多くの経営者にヒアリングをすると、社員に前向きに働いて欲しいとのご要望をお伺いします。一方で、多くの社員は仕事を「やらされ感」を抱きながら働いているという状況がほとんどです。私自身の経験からも、「やらされ感」があると、折角の成長の機会を前向きに捉えることができません。

 

 そこで、幹部社員と共に考える、伴走型の支援をおこない、自ら成功体験を経験してもらえれば、後は自ら実施できる自走型になると信じております。

 

 また、当事務所が支援に入ることで、社長にとっても、我慢強く指導することからの一部開放され、社長ご自身の様々なお悩みも共有し、社長との伴走型コンサルティングを実施しております。