【714】ロジカルシンキング・MECEよりも大事・重要なスキル!全体を捉えながら、「欠け」なく「塊」なく分ける

 

論理的思考(ロジカルシンキング)などで

MECE(ミーシー)という言葉を聞いたことが

ある方も多いかも知れません。

 

 

MECEと

「漏れ」なく「ダブり」なく

の意味です。

 

Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive

という英単語の頭文字をとって、MECE。

 

 

MECEはロジカルシンキング、

特にロジックツリーで学ぶ大切な考え方ですが、

ロジックツリーそのものがあまり仕事で

使うことが少なく、研修や本を読んで

聞いたことある程度で終わってしまう方も

多い印象です。

 

要は知っているけど、使いこなせていない状態です。

 

 

そもそもロジカルシンキング・MECEを習得する目的は、

コミュニケーションや問題解決のレベルを上げて

仕事ができるようになることです。

 

 

その観点に立てば、

ロジカルシンキング・MECEよりも

大切なスキルがあります。

 

それが「分ける」です。

 

大企業・中小企業・行政関係者など業界問わず

1000人以上のビジネスパーソンと面談して、

見えてきた仕事がデキる人のコツなのです。

 

 

 

 

「分かる」は「分ける」とは

もともとは教育用語のようですが、

仕事がデキる人が意識的・無意識的に

「分ける」スキルをもち、分類・分解して

ものごとを考えたり、行動をしています。

 

 

具体的なシーンで言うと

例えば、

  • 事実と意見を分けて発言する
  • 原因と結果を分けて分析する
  • これからの計画を行動に分けて実行する
  • 相手のタイプに分けて対応や話し方を変える

など、意識的・無意識的にやっていらっしゃいます。

 

 

この「分ける」ということを意識するだけで

仕事力がアップすると研修を通じて実感しています。

 

 

その時お伝えするのが、

全体像を意識しながら(描きながら)分けるということ。

今、自分が

  • 考えていること
  • 話そうとしていること
  • 実行しようとしていること

が全体像を捉えているかということ。

 

 

そしてそれが、

「欠け」なく、「塊」なく

という状態になっているかということ。

 

  • 考えていること
  • 話そうとしていること
  • 実行しようとしていること

が、パズルのように、全体を捉えて欠けなく、

パンのように、塊を切って一口サイズになっているか

を自問自答するだけでも、仕事の力は上がります。

 

「分ける」は、ロジカルシンキング、MECEとも

非常に近い考え方ですが、それを日常業務でより意識しやすい考えです。

 

 

「分ける」ということについて、関心がある方は

以下のコラムも参考になさってください。