【722】仕事が大雑把な人(社員・部下・後輩・新人)、仕事が雑な人が、身に付けるスキルとは?

 

企業の経営者から人材育成のご相談を受けて、

集合研修や個別トレーニングをおこなっています。

 

 

そこで、経営者の悩みとして、

「あの部長は、仕事が大雑把で困る」

「彼を課長にしたいが、仕事が雑だから大丈夫かな」

「今度の新人は大雑把だから、仕事を任せられない」

といった悩みです。

  

そして、

「それって性格だから仕方ないのかな・・・」

「どうやっても仕事のセンスはないな・・・」

という諦めのコメントを頂くことがあります。

 

 

実際、諦めで終わってしまっていいのでしょうか?

 

人口減少で採用が難しい中で、いい人に集まって

もらいたいものの、なかなかいい人が集まらない。

 

 

そして、自分の部下が仕事が大雑把だったり、

雑だったりすれば、そのしわ寄せが自分に回ってくる。

 

結局、自分の仕事が回らず、大変な思いをしたり、

自分の仕事も大雑把な雑になったりします。 

 

 

私自身もいろんなタイプの方の人材育成をおこなってきましたが、

仕事が大雑把だったり、雑に仕事をしている人(社員・部下・後輩・新人)の

多くの方は、実は「分ける」ということを意識してません。

 

 

「分ける」というのは、自分の考え、物事、発言、段取りを

分ける(分類する・分解する)ができているかということです。

 

この「分ける」ができていないと、大雑把で雑な仕事になります。

 

例えば、

仕事のチェックリスト1つとっても、

大まかにしか書いておらず、

細かく分けられていないので、

チェックリストになっていない。

 

ファイルの分類も大雑把で

1つのフォルダにいろんなものが入っていたり。

 

 机の上の状態もどこに何があるかが

整理整頓できていなかったりです。

 

 

実はこの分けるということは、

仕事ができる方が意識的・無意識的に

やっている行為なのです。

 

 

仕事が大雑把で、雑な方(社員・部下・後輩・新人)が

まず身に付けるべきスキルは、実は「分ける」

というスキルなのです。

 

 

この分けるに関心がある方は、以下のコラムを

ご一読ください。

 

仕事が大雑把の人(社員・部下・後輩・新人)でも、

「分ける」を意識すれば、雑な仕事が改善されていくはずです。