部下に最適な接し方がわかる!利き脳診断「ハーマン・モデル」とは?

PDCAが回るガントチャート式経営計画

「新卒で入社した社員がすぐ辞めてしまった」

「離職率が高くて困っている・・・」

という中小企業の経営者の方も多いのではないでしょうか。

 

もしかしたらそれは、社員一人一人への接し方を間違えているからかもしれません。

人によっては、論理的に話した方が良い人、優しい言葉をかけた方が良い人など、いくつかのタイプがあります。

「でも、それってどうやって見極めるの?」

と思われる方も多いでしょう。

 

そこでオススメなのが、「ハーマンモデル」です。

 

ハーマンモデルとは、ネッド・ハーマンによって考案された「利き脳診断」です。

ハーマンモデルの診断によると、人は4タイプに分けることができます。

 

そして、それぞれのタイプにピッタリの接し方があるのです。

それを行うことで、部下との距離を縮められたり、モチベーションを上げたりすることができるでしょう。

今回は、そのハーマンモデルとタイプ別の接し方についてご紹介します。

ハーマンモデルとは?

 

ハーマンモデルとはネッド・ハーマンによって考案された「利き脳を調べる手法」です。

 

ハーマン・インターナショナル・ジャパンによると、ハーマン・モデルの特徴は以下の通りです。

 

・シンプル&パワフル

・誰にでもわかりやすい

・多様かつ広範に活用可能

・科学的根拠に基づいており、妥当性が高い

・ワールドワイドな実績

 

脳の使い方の癖で、人を4タイプに分けるハーマンモデルは、他の性格診断と比べるとシンプルです。

そのため、わかりやすく、社内研修としても実施しやすいのが特徴。

ハーマンモデルは、心理学の理論に基づいて、10年の歳月をかけて考案されました。

それ以後、30年以上にわたって世界中で活用されていると言われています。

中小企業がバランススコアカード(BSC)を活用するコツ(1)~見える化~

 

・部下との接し方がわからない

・自己分析したい

・社員研修を通じて相互理解を深めたい

などのご要望があり

 

 

当社では、ハーマンモデル研修を通じて、

社員の結果を共有することをオススメしています。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

 

ハーマンモデルの診断結果とは?

 

ハーマンモデルでその結果を4つのパターンに分けることが出来ます。

 

あなたがAタイプの上司である場合、

 

・企画書には客観的なデータを求める

・投資対効果を重視する

・「なぜ、この作業をするのか」を説明してから指示する

 

といった特徴がみられるかもしれません。

 

同じAタイプの部下であれば、それで納得し、業務に励むことができるでしょう。

しかし、他のタイプによっては、「あの人は理屈ばっかりだ」、「理由ばかり聞かれるので、責められている気がする」といったふうに、気分が落ち込んでしまう可能性があります。特に20代の若手社員では、その傾向が顕著だと言われています。

あなたの会社を志望して入社してきた社員だからこそ、一緒に成長していきたいもの。

そのため、ハーマンモデルのタイプに沿った接し方をすることが有効です。

 

 

相手(社内・社外:営業)に合わせたコミュニケーション(伝え方)改善

つづいて、タイプ別の部下への接し方をみていきましょう。

 

◇ Aタイプ(理性人)の部下との接し方

先ほども書いた通り、Aタイプは論理性や客観的データを重視します。

そのため、「なぜその業務が必要なのか」を説明すると良いでしょう。

もちろん、ここで「以前からの慣習だから」といった理由ではAタイプは納得しません。

しっかりと背景と目的を説明して、業務の指示をすることをオススメします。

 

◇ Bタイプ(堅実人)の部下との接し方

Bタイプの人は堅実的です。

物事を進めるにも、まずは慎重に計画を立てることから始めるのが特徴。

その結果、

・言われた業務しかしない

・チャレンジはしない

といった傾向があります。

そう書くと悪いイメージを持たれるかもしれませんが、「コツコツと物事を進めてくれる、縁の下の力持ちタイプ」です。

そのため作業がスムーズに進んでいることや、きちんと役割分担できていることなどを褒めると良いでしょう。

 

◇ Cタイプ(感覚人)の部下との接し方

Cタイプは感覚で物事を決める傾向があり、Aタイプとは反対の性質です。

Cタイプの部下は、会議でも感情的になったり、好き嫌いで仕事を選ぶ傾向があります。

論理的に「ここがこうで、こういう結果だったから、良かったよ」と伝えるのでは不十分かもしれません。

そのため、「頼りになる」、「やる気があってすごい」といった言葉で褒めると良いでしょう。

たまには飲みに誘って、飲みニケーションを図るのも、このタイプには有効です。

 

◇ Dタイプ(冒険人)の部下との接し方

Dタイプは、自由奔放で新しいものを好む、といった性質を持っています。

その結果、

・社内だけのルール

・ルーティン作業

を嫌う傾向があります。

そこで、Dタイプの部下に業務を指示する際は、その業務の楽しさや面白さを説くのがオススメです。

また、Dタイプはチャレンジ精神も旺盛。

そのため、新商品の開発やイベントの運営など、クリエイティブな要素がある業務を割り振ると、実力を発揮しやすいかもしれません。

 

 

 

今回は、人間の利き脳を診断するハーマン・モデルと、診断結果別の部下の接し方をご紹介しました。

部下があなたと同じ性格であるとは限りません。

そのため、ハーマン・モデルを通して相手のタイプを知り、結果に沿った接し方をすることで、部下との関係も良好に保つことができるでしょう。

 

当社では、ハーマン・モデルを用いた研修サービス(1回2.5時間)もおこなっております。

他のコースと一緒に実施することもできるため、お気軽にお問い合わせください。

 


■家業から企業(組織化)を考えていらっしゃる中小企業様向けの研修

5W1H徹底活用研修

経営コンサルタントによる経営者・幹部社員ヒアリング

「知っている」から「使いこなす」ことで、社員の情報発信力・情報受信力そして、仕事力が格段に上がります。

 

 

ハーマンモデル研修

経営コンサルタントによる会社の仕組み作りコンサルティング

自分と他者との思考のクセがわかり、コミュニケーションが円滑になる「ハーマンモデル研修」です。

 

 

ガントチャート式経営計画

選ばれる理由づくり経営コンサルティング(知的資産経営)

経営計画は行動計画があってこそ達成するものです。社員一丸となって行動計画を作成する実践型の研修です。

 

 

「分かる」は「分ける」研修

選ばれる理由づくり経営コンサルティング(知的資産経営)

仕事がデキる方の共通点の一つとして「分けて」考えて・行動していること。考えて動く社員を育成する研修です。