「知っている」から「使いこなす」へ、仕事力・段取り力をアップする5W1H(5W2H)徹底活用研修

新入社員研修で学ぶ「5W1H」(Who、When、Why、Where、What、How)。「Who」「How much」「How many」などを加えて、「5W2H」「6W3H」などの変化形もあります。一方で、多くの中小企業では、この5W1Hが報告レベルに留まっており、仕事全般で活用されていない印象を受けています。

 

そのため、次のようなお悩みを経営者からお伺いします。

 

   ・新入社員・若い社員をどう育ててよいか分からない・・・

 ・社員が言われたことしかせず、気が利く行動、期待を超える仕事をしてくれない・・・

 ・自分(社長)の考えを言ったはずなのに、伝わっていない、間違って理解している・・・

 ・管理職の教え方、伝え方が不十分で、人材がなかなか育たない・・・

 ・優先順位がバラバラで段取りが悪い。もっといい仕事ができるはず・・・ 

 どうして、このようなことが起きるのでしょうか?

 

 それは、社内全体の発信力・受信力そして段取り力が弱いからかも知れません。この受信力・発信力そして段取り力が弱いことが、社内の仕事の質が高まらない原因なのです。実はこの受信力・発信力そして段取り力こそが、仕事における土台となるスキルで、多くの中小企業では、見過ごされている重要なスキルのです。

 


仕事の土台となるスキルとは?

 人の成長には、「心構え(マインド)」と「スキル(技術)」に分けられます。5W1H徹底活用で高められる受信力・発信力は、働くすべての方の土台となるスキルで「聞く・質問する・整理する・考える・伝える・行動する」というベーススキルです。この受信力・発信力が高まることで、業務上のスキルであったり、経営者・管理職としてのスキル・マインドの習得を早めることができるのです。

  

 そして、仕事における発信力・受信力そして段取り力を高めるキモは、実は5W1H(Who、When、Why、Where、What、How)によるゴール思考とコミュニケーションスキルなのです。

 

 

5W1H徹底活用で得られる受信力・発信力というベーススキルの位置づけ

社員の発信力・受信力、そして仕事力・段取り力を高め、業績をアップする「5W1H徹底活用・研修」の特徴

  • 本研修は、仕事における土台となるスキル(聞く・整理する・考える・伝える・行動する)であるため、新入社員~管理職まで幅広く受講できます。
  • コミュニケーションから仕事の段取りまで5W1Hを使って、考え社員が共に学び合うことで、「知っている」から「使いこなす」ようになります
  • 講師派遣型の社員研修のため、社員の多くの方が共通の知識・考え方を習得することができます(複数の会社で合同開催も可能)
  • 研修の最後には、各自、目標を宣言してもらうことで相互に定着に向けた活動を促します

「5W1H徹底活用・研修」を通じて、得られるもの(お客さまの声から)

  • 5W1Hが社内共通の「ことば」「意識」になり、社員の発信力・受信力そして段取り力(聞く・整理する・考える・伝える・行動する)が高まり、コミュニケーションが円滑になります。
  • 各人の仕事・コミュニケーションの問題点がわかりロスが減り、各人・チームの仕事の精度(仕事力・段取り力)が上がります。
  • 仕事の目的・意義を考えるようになり、人材育成のスピードがアップし、一歩先を考える気が利く人材が育ちます。
  • 管理職のマネジメント能力・育成能力が身に付き、業績アップにつながります。
  • 日々のコミュニケーション・会議・打ち合わせにおけるムダ・誤解が減り、生産性向上につながります。
  • 5W1Hが共有されることにより、その後の業務改善・仕組み作り・プロジェクトなどの活動がスムーズに展開されます。
  • 仕事の土台となるスキルができることで、業務スキル・マネジメントスキルなどが定着しやすくなります。

このような企業にオススメ

  • 社員の仕事に対する意識統一をおこないたい企業
  • 社内の円滑なコミュニケーションを実現させたい企業
  • 社員の仕事力・段取り力をアップさせたい企業
  • 生産性向上、業務改善、働き方改革などに取り組む企業
  • 経営計画を作成しても、計画が中心となり実行がやや不十分な企業
  • 外国人労働者・外国人技能実習生など外国人とのコミュニケーションを円滑にしたい企業(製造業など)

「5W1H徹底活用・研修」カリキュラム(各回3時間程度)

■1日目

・5W1Hとは(講義)

・5W1Hで大事な2つのこと(講義)

・自分の業務で5W1Hを体感する(個人ワーク・グループワーク)

・自分の受信力・発信力を高める(個人ワーク・グループワーク)

 

■2日目

・5W1Hの実践の振り返る(個人ワーク・グループワーク)

・5W1Hが実践できない理由とその対策(講義)

・仕事における段取り力とは

・仕事における段取り力を高めるコツ

・部課長ゲーム(グループワーク)

・仕事力を高めるワンランク上の5W1H(講義)

・自身の行動宣言の作成・全体発表(個人ワーク)

ダウンロード
「知っている」から「使いこなす」へ5W1H徹底活用研修パンフレット
5w1h_kenshu.pdf
PDFファイル 938.1 KB

研修費用(目安)

  300,000円(計2回:各回3時間程度)

  ※定員は30名程度です。30人でご参加の場合、2回で1人1万円の費用となります。

    ※複数の会社での合同開催も可能です。

  ※講師の旅費・宿泊費は別途、発生致します。

  ※費用は税抜価格です。

  ※ハーマンモデル研修とのセット受講も有効的です(セットでの割引もご相談ください)。


5W1Hからレベルアップのオススメ研修

 当社ではこれまで300人以上の経営幹部・社員と面談・育成した実績があります。そこで感じるのは、どの業界問わず、仕事がデキていらっしゃる方は、幅広い視野で物事を考え、スムーズかつ着実に行動しています。そのコツの1つとして思考・行動・計画などが「分けられている」からなのです。

 

 「分かる」(理解する)とは、「分ける」(分解・分類する)という教育における考えがありますが、仕事をおこなう時にも、「分ける」という考え方は重要な考え方です。当社での研修・セミナーでは、「分ける」ということを意識することで、仕事力がアップし、また社内で「分ける」ということを根付かせる取り組みを行います。

「分かる」は「分ける」をベースにした研修例として、以下のような実務スキルと組み合わせることが可能です。

 

■若手向け

 

分けると伝わる、報連相の極意

分けると分かる、依頼を受けるコツ

分けると進む、段取り・PDCA術

分けると伝わる、報告書・企画書作成術

分けると売れる、営業術

分けると充実、タイムマネジメント

分けると気づく、自己成長の日報作成

 

 

■主任・係長向け

 

分けると進む、段取り術・計画作成術

分けると伝わる、プレゼンテーション

分けると響く、企画書・プレゼン資料作成法

分けるとまとまる、ファシリテーション術

分けると届く、目標達成法

分けると効果絶大、マーケティング戦略

分けると深まる、フレームワーク活用術

分けると説明力アップ、ロジカルシンキング

 

 

■管理職

 

分けると見える、戦略策定のコツ

分けると解決、問題解決の方法

分けるとスムーズ、業務改善のコツ

分けると育つ、部下育成法(ティーチング・コーチング)

分けると響く、リーダーシップ発揮法

分けるとまとまる、チームビルディング

分けると見える、財務分析研修

分けると伝わる、マニュアル・手順書作成法

 

上記は一例であり、ご要望に応じて組み合わせや変更も可能です。


■家業から企業(組織化)を考えていらっしゃる中小企業様向けの研修

5W1H徹底活用研修

経営コンサルタントによる経営者・幹部社員ヒアリング

「知っている」から「使いこなす」ことで、社員の情報発信力・情報受信力そして、段取り力が格段に上がります。

 

 

ハーマンモデル研修

経営コンサルタントによる会社の仕組み作りコンサルティング

自分と他者との思考のクセがわかり、コミュニケーションが円滑になる「ハーマンモデル研修」です。

 

 

ガントチャート式経営計画

選ばれる理由づくり経営コンサルティング(知的資産経営)

経営計画は行動計画があってこそ達成するものです。社員一丸となって行動計画を作成する実践型の研修です。

 

 

「分かる」は「分ける」研修

選ばれる理由づくり経営コンサルティング(知的資産経営)

仕事がデキる方の共通点の一つとして「分けて」考えて・行動していること。考えて動く社員を育成する研修です。