中小企業で「実行力」を上げる経営計画・事業計画の作り方:ガントチャート式経営計画作成セミナー・研修

中小企業のPDCAを推進するガントチャート式経営計画(福岡・九州・広島)

経営計画と聞くと、どんなイメージを持っていらっしゃいますか?

 

中小企業の経営者様とお話をすると、融資などを目的した経営計画がほとんどで、数値計画中心と思っていらっしゃる方がほとんどです。

 

しかし、経営計画には、決まった形はありません。あえてパターンを分けると、

  1.  数値計画中心のもの
  2.  現状把握・現状分析が中心のもの
  3.  理念・ビジョンやスローガン中心
  4.  行動計画中心のもの。

1.~3.の場合、実際に作った方の声を聞いてみると、作った後見返していないこともあるという声も多いです。それは見返しても、どう修正していいのか分からない方もいらっしゃるのも事実です。

 

 

当社では、計画は目標(経営者が考える将来ビジョン・売上などの数値目標)を達成するための手段と考えています。目標を達成するためには、上記の4.行動計画と実際の行動が必要です。そこで、当社では、行動計画を最重点にしたガントチャート式経営計画を活用して、多くの中小企業の売上・利益向上を応援しています。

 

システム開発や建築の現場でよく使われるガントチャート。左側におこなうべき事柄を記入して、右側にいつするのか、棒線を引いて、スケジュールを見えるようにしていきます。

 

 

ガントチャート(工程表)のイメージ

ガントチャートのイメージ

本セミナーではこのガントチャートの考え方を活用した、会社の経営計画の「見える化」の技術を学びます。 Excelや専用ソフトを使わず、ガントチャートの考え方を活かした計画を紙とペン、そして付箋で作成しますので、どなたでも作成可能です。作成のポイントや運用で困らないようなポイントをレクチャーしつつ、実際に作るワークをおこないますので、翌日から活用できる計画が期待できます。

 

 

業種に関係なく、どなたでも参加可能のセミナーです。

ガントチャート式経営計画のイメージ


参考書籍・まんがでわかる!かんたん!ガントチャート式経営計画の作り方

  • 小さな会社・小さなお店・中小企業の経営者や後継者にオススメ!絵に描いた餅、計画倒れにならない経営計画の作り方・使い方
  • 売上・利益といった数字やスローガンの経営計画では、実行できない!?それには、ガントチャート(工程表)を活用した行動計画が必要です。
  • 実行力を上げ、成果を出すためのガントチャート式経営計画の作り方のコツ・ポイントがマンガでスラスラ理解できます。また、紙と付箋でスイスイ計画が立てられるようになりますから、パソコン不要で誰にでも作成可能です。
  • 中小企業向けのコンサルティングやセミナーで多くの経営者の方に、実行力と成果をもたらした内容をマンガ化にしています。

社内研修・セミナー例

クライアント企業の計画の立案状況、PDCAの実践の状況、参加メンバーによって研修プランを検討しています。

以下の内容を複数回に分けて実行しています。

 

<経営戦略編>

・経営戦略とは?経営計画とは?

・経営における「攻め」と「守り」

・選ばれる理由づくりの重要性

 

 

<目標設定編>

・山登り型と波乗り型

・目標が達成しない理由

 

<ガントチャート作成編>

・ガントチャート式年間計画とは

・使えないガントチャート

・ガントチャート式年間計画を作成する(個別指導)

・部門の目標設定(個別指導)

 

最終回に社長もしくは社内でプレゼンをおこない、定期訪問等によりPDCAを回す支援をおこなっています。

講師派遣型の社員研修のため、社員の多くの方が共通の知識・考え方を習得することができます。

研修等お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です