【356】中小企業がSWOT分析で戦略が生まれない理由(3)

 

前回、

SWOT分析で考えるべき

強みの1つとしては、現状

「どんなお客様に」

「どういう理由で」

選ばれているかという視点で

考えることをお伝えしました。

 

 

この視点で考えることで

・どのお客様に

・どういった理由で

選ばれているのか

ということが見えてきます。

 

 

それが選ばれる理由から

導き出される強みです。

 

 

 

残った強みは

・売上と利益に影響を与える強み

・その他のいいこと

の2つに分けられます。

 

これはこちらで説明しています。

 

この視点で強みを分けると

どの強みを活用して

戦略を検討すべきかが

自然と整理できます。

 

(1)今、選ばれる理由を活かして

 何かできるのか?

 

(2)売上と利益に影響を与える強みを

 活かして何ができるのか?

 

(3)ほかのいいことを活かして

 何ができるのか?

 

という視点で考えていくのです。

 

もちろん

(1)→(2)→(3)で考えていく方が

筋の良い戦略ができる可能性が

高いのが、これまでのコンサルティング

経験で感じています。

 

 

「強みと機会を出して

ガラガラポンして、

ハイ、戦略出来上がり!」

ということには、

残念ながら、ならないのです。