【652】中小企業の経営計画の作り方は、箇条書きの経営方針・施策だけでは、行動まで結びつかない

 

中小企業の経営計画のコンサルティング

をしている中で、経営計画という言葉でも、

人によって受け止め方が異なることを感じています。

 

 

それは経営計画の記載内容が

 

・現状分析

 

・方針主体

 

・数値計画

 

・行動計画

 

 

・どこを重点を置いているか?

・どこに重点をおいた計画を見てきたのか?

 

ついて、経営者が経営計画に対する捉え方が

異なると思います。

 

 

特に、方針主体の経営計画を見ることがあります。

 

例えば

 

・新規顧客の開拓

 

・利益率が高い商品の販売に力を入れる

 

・原価を下げる

 

といった箇条書きの経営方針・施策です。

 

 

作成する側も書きやすく

 

社員の方が見て、聞いて

・分かりやすい

・記憶に残りやすい

というメリットがあります。

 

 

しかし、すべての人が

 

箇条書きの経営方針・施策

 

で活動できる訳ではありませんし、

ひょっとしたら作成した経営者と

 

・行動の内容・手順

 

・スケジュール(スピード感)

 

が伝わらないかも知れません。

 

 

そこで、

 

 

箇条書きの経営方針・施策

 

を具体化していくためには

行動計画が重要なのです。

 

 

 

当社では、

 

ガントチャート式経営計画

 

を使って、具体化していきます。

 

そこで、何を、いつ、誰が、どの水準まで

行動しないといけないのかを具体化してきます。

 

こうすることで、

 

・経営者の想い・ビジョンが

 

・社員に伝わる

 

経営計画になると考えていきます。