U-mic News

代表者である吉田 英憲と、そのほかさまざまな得意分野をもつ中小企業診断士・経営コンサルタント(広島県在住)が、専門知識と経験から得た「役に立つ」情報をまとめたフリー情報紙(企業支援者向け)です。

広島の中小企業診断士による中小企業支援機関向けの情報誌

最新号(2019年9月)

 

 

目標達成には、行動を「繰り返す」「積み上げる」

 

経営者そして後継者や経営幹部に向けたコンサルティングや相談を受けるときに次のようなことをお伝えすることがあります。

目標達成は、決意と行動の2つでなりたっており、「その目標を達成する!」と決意することです。そして、その目標を達成する行動をおこなうことです。その行動には「繰り返す」「積み上げる」の2つを意識して組み合わせることが大切です。

 

1つ目の同じ行動を「繰り返す」。例えば、ホームページやSNSの情報発信を毎日30分更新するような、毎日コツコツと努力をおこなうことです。

 

2つ目は、目標達成に向けて逆算して行動を「積み上げる」。例えば、新商品のメニュー開発のために、

・地域内外の他店の調査

・試作

・試食会

・打ち出し方の検討

など、その目標を達成するための行動を、洗い出して1つ1つ行動していきます。

 

目標達成には、「繰り返す」「積み上げる」どちらか片方もしくは両方ないと達成できません。ラッキーの存在は否定できませんが、意志を持って行動を「繰り返す」「積み上げる」ことでしか成果は得られないと考えています。

 

「積み上げる」ことにおいて、以前ご紹介したのは、ガントチャートのような行動計画です。今回は「繰り返す」ことについてお伝えします。「繰り返す」ということは、まさに習慣です。人は誰しも習慣の生き物であり、新しいことを知っても、結局、行動が中途半端に終わるのは習慣化できてないことなのです。

 

 私自身、決してよい習慣ばかりで生きている訳でありませんが、いろいろな経営者とお話しする中で、目標達成や組織づくりにおいて、ここ数年「習慣化」の大切さを改めて感じることがありました。そこで、上記の「繰り返す」大切さを経営者・後継者や経営幹部にお話しています。そこでお伝えしている名言を一部ご紹介します。

 

■変化するには、古い習慣を新しい習慣に置きかえねばならない(アメリカの作家 ピーターソン) 

 

■成果をあげる人に共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつける上で、必要とされている習慣的な力である。私の知る限り、知能や勤勉さ、想像力や知識がいかに優れようと、そのような習慣的な力に欠ける人は成果をあげることができなかった。(アメリカの経営コンサルタント ピーター・ドラッカー)

 

 

経営者・後継者や経営幹部が習慣化の大切さを目を向け、良い習慣を作り出そうという気持ちを持ち始めるだけでも、会社は変化していくのです。

 

 

ダウンロード
2019年9月号
U-mic News_2019年9月号.pdf
PDFファイル 361.2 KB

バックナンバーは以下からよりお読みください。