【459】中小企業の強みが真の「強み」になっていない理由(2)

 

中小企業の「強み」という言葉

 

シンプルな言葉ですが、

人によって、捉え方は様々です。

 

 

例えば、

 

・得意なところ

 

・自慢できるところ

 

・他社に負けないところ

 

・とりあえずプラスと思われるところ

 

など様々な視点で答えていらっしゃいます。

 

 

SWOT分析などで上記の様な

「強み」を挙げても、経営改善しない

ケースは多いのではないでしょうか?

 

 

 

重要なことは、そこに

 

「お客さまが他社ではなく

自社を選ばれる理由が

あるのかどうか」

 

ということ。

 

 

・得意なところ

 

・自慢できるところ

 

・他社に負けないところ

 

・とりあえずプラスと思われるところ

 

を挙げても、そこに選ばれる理由が

なければ、売上という成果はでません。

 

 

強みをたくさん出して

経営計画書や経営改善計画書を

つくったとしても

 

「選ばれる理由」

 

を自己認識できていない企業は

経営改善できない可能性が高いのです。

 

 

 

強みを思いつくまま

挙げるのは第1ステップ。

 

そして、その後、

 

選ばれる理由という視点で

その強みを見つめ直すのが

第2ステップ。

 

 

この第2ステップを踏まないと、

 

真の「強み」

 

を導けない

 

と考えています。